廣東 牛黄清心元(ごおうせいしんがん)

第2類医薬品

健康で楽しくイキイキと年をかさねたい、いつまでも若々しく元気にすごしたい方に!


牛黄清心元は、1085年 中国は宋の時代に誕生したお薬です。
古典として名高い『太平恵民和剤局方(たいへいけいみんわざいきょくほう)』に初めて発表されました。この古典は日本の薬の公定書「薬局方」の名前の由来になったことでも知られています。
古来より伝わる生薬26種を、絶妙な割合でブレンドし、金箔で包み込んだ少し大きめの丸剤です。血液や血管に関係する病気を治したり、予防したりするお薬です。
【効能・効果】
高血圧症に伴う次の諸症状:動悸、手足のしびれ、肩こり、のぼせ、耳鳴り、めまい、頭重感
【成分・分量】(本品1丸中)
山薬450.0mg 甘草320.0mg 蜂蜜215.0mg 羚羊角215.0mg 川芎180.0mg 神麹160.0mg 人参160.0mg 蒲黄160.0mg 大棗150.0mg 阿膠130.0mg 桂皮130.0mg 大豆黄巻130.0mg 防風120.0mg 黄芩110.0mg 芍薬110.0mg 当帰110.0mg 麦門冬110.0mg 白朮110.0mg 竜脳90.0mg 茯苓84.0mg 桔梗80.0mg 柴胡80.0mg 生姜46.0mg 白蓮46.0mg 牛黄30.0mg 麝香5.0mg 金箔3.0mg
2015年11月01日|商品のカテゴリー:一般用医薬品